予備校で英語の成績をのばそう│個別指導も行なわれています

笑顔の人々

独学が苦手なときは

笑顔の女性達

半田にある学習塾に通うメリットとして、予習・授業・復習という学習における黄金サイクルを塾がサポートしてくれるからです。また、多くの友達と一緒に勉強することで、モチベーションが継続されていきます。

もっと知ろう

小学校入学前の学習

先生

ドラゼミのなかでも、ぷちどらは小学校入学前の幼児を対象にした通信教育です。そのコースは年少、年中、年長にわかれ、それぞれの年齢層に合った学習カリキュラムは組まれています。

もっと知ろう

家庭教師のような学習塾

指導

個別指導の塾では一般的な塾とは違って、生徒一人一人の学習状況を把握することができ、生徒に合わせたペースで勉強ができます。また、授業を受けるかコマごとに自分で選択できるので、忙しい生徒にも対応できます。

もっと知ろう

成績が伸び悩んでいるとき

英語の文字

大学入試の対策などで予備校に通う学生にとって、難しい教科の一つが英語といえます。予備校で英語の成績を伸ばすためには、ただ授業だけを聞いているではなかなか伸びないかもしれません。予備校では授業のほかに、英検対策に加え、TOEICやTOEFLの点数を伸ばすことを目的とした英語の授業をしているところもあります。それら学校の授業以外のテストを積極的に受験し、英語にふれる機会を多くすることも、英語の成績を伸ばす上で大切になります。また、高校受験の際は入試の点数や内申に加え、英検といった検定物の級が評価されることもあります。英検に合格すると自信がつきますし、少しずつ級を上げることでレベルアップをはかることができます。このような英検対策を予備校でやっているところは多いので、これに主体的に参加することが重要になってきます。また、TOEICやTOEFLといった試験の点数は、国際的な評価も高いので、後々の就職活動などで使うこともできます。予備校の英語の講師自体が毎年TOEICなどを受けていることもあるので、講師に詳細を訪ねてみるのもいいでしょう。また、英語の成績が伸び悩んでいる場合は、塾の英語講師に効率のいい勉強のやり方を聞いてみるのもいいでしょう。講師のなかには学生時代は英語が苦手だった方などもいます。そのような講師は英語が苦手な生徒の気持ちを理解してくれるので、一度相談してみることも大切です。また、予備校で模試などを受けると、成績が返されたとき、英語の中でもどこが苦手なのかがデータとして表示されます。たとえば、長文問題や熟語の穴埋め、単語の理解が足りないのか、文法の勉強が足りないのか、など自分が苦手な分野を教えてくれます。この分析表を参考にして、勉強するところを変えてみるのもいいでしょう。

おすすめ関連サイト集

  • 今塾

    個別指導を塚口できちんと探すことができれば成績のアップを行なうことができるようになります。気になる人は調べてみましょう。